整体とマッサージの違いについて

マッサージのは身体の筋肉をほぐすことで、血液やリンパの流れをよくすし、痛みや不具合の改善を行っていきます。整体の施術法としては「体のゆがみを正位置に戻すことで痛みや不具合を改善する」という目的があります。

整体とマッサージの違いとは?

整体とマッサージの違いでは、施術方法に違いがあるといってよいでしょう。

整体の施術法としては「体のゆがみを正位置に戻すことで痛みや不具合を改善する」という目的があります。

一方、マッサージの方は身体の筋肉をほぐすことで、血液やリンパの流れをよくすし、痛みや不具合の改善を行っていきます。

整体での施術法では、おもに関節や歪みやズレをもとの位置に戻すことです。「体全体のバランスを整える」というような施術が行われています。

整体では、痛みや不具合が起きる原因として、体でも骨の位置が不正位にあると考えられています。

生術でも骨を正常な位置に戻すことで、いろいろな症状を根本的に改善していきます。

反対にマッサージの施術法では、おもに体を揉む、押す、叩く、さするなどして硬くなった筋肉をほぐす施術が中心となっています。

筋肉がほぐされることで、痛みなどの諸症状が緩和されていきます。

ただ、マッサージの場合、症状が緩和されるのは一時的で時間が経過するにつれ、元の状態に戻る場合も多いです。

整体とマッサージの違いは資格にも違いがあります。整体師としての資格は、民間資格になり、マッサージ師の場合には「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格です。

整体師の資格は妖精スクールや通信講座などを終了することで比較的簡単に取得することが可能です。

反対にマッサージ師の場合、資格を取得するには国の指定する妖精学校を修了してから国家試験に合格しなければなりません。

また、整体師で働く場合には必ずしも資格は必要ありません。マッサージ師として働くのであれば、必ず資格は必要となっています。

整体には痛みがつきもの?

整体にはいろいろな種類があって、施術には痛みが伴うことがあればほとんど痛みを伴わないものもあります。

ただ、多くの人が整体には痛みがつきものだと思っているところは多いです。

整体といえば、施術のときに、ポキポキと音がするものや、力いっぱい押さえつけるイメージがある場合も。

整体では「痛いから効果があるの?」と思っている人がいるのも事実です。

施術のときに耳にする音。それが不快に思える人や「とても効きそう」と思う人もいるみたいなのです。

また、正しい施術であれば一瞬の痛みでもその後の回復度によって痛みや音はむしろ心地よいものかもしれないです。

これまでの症状が回復していく過程での痛みでクセになりそうなものといってよいでしょう。

また、慢性化していた症状ならなおのこと施術での一瞬の痛みには期待することも大きいです。

整体での痛みの感じ方には個人差もありますが、「痛い!」と思ったときに無理をせずに痛みのない、不快な音のない、グイグイと押さない施術をしてくれる整体院を選ぶようにしましょう。

整体は民間療法に位置付けられ、法的には資格は持たなくても施術をすることができるようになっています。

言い換えると独学で身につけた知識や技術であっても、整体院を開くことが可能となっています。

また、民間療法となっているので、健康保険は一切適用されません。そのため、前もって料金などを確認しておくことが大切になってきます。

安いところが質が悪いと決まったわけでもないですが、できるだけ信用のおける整体院を利用することがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました